Leica Sofortでおしゃれな写真を撮りたい!気になる機能や使えるフィルムは?

流行中のインスタントカメラにあのライカ社がLeica Sofortという期待大の機種を発売しました。

おしゃれなデザインとしっかりとした性能で、素敵な写真ライフが送れるLeica Sofortをご紹介します。

高級感があって気になるLeica Sofort

撮ったその瞬間に写真を渡せる手軽さで人気が復活しているインスタントカメラ。

その人気の中、高級カメラメーカーライカ社から発売された高級感溢れるインスタントカメラLeica Sofortの魅力に迫りました。

Leica Sofortとは

Leica Sofortとは、ドイツの高級カメラメーカーであるライカ社から2016年11月19日に発売したインスタントカメラです。

ライカ社といえばカメラファンの中でも「至高のブランド」と呼ばれる、世界トップクラスのカメラメーカー。そんなライカ社初となるインスタントカメラLeica Sofortにはカメラファンも満足のいく魅力がたくさんあります。

魅力のひとつは、豊富な撮影モードを備えたインスタントカメラとは思えない機能性です。基本の撮影モードとして、自動モード・人物&パーティーモード・スポーツ&アクションモード・接写モードなどがあります。

自動モードでは内蔵フラッシュをあまり作動させずに自然光を活かした撮影を行う仕様となっています。自然光なので、ナチュラルな雰囲気の写真を楽しむことができます。

さらに、2つの写真を重ね合わせた写真を撮ることのできる二重露光、夜や暗いところでもハッキリとした写真を撮ることのできる長時間露光と印象的でクリエイティブに楽しむことの出来る機能もあります。

そして、今や写真撮影の定番ともいえる自撮りに対応したセルフィーモードも備えています。カメラの前面には自撮り用にミラーが取り付けられており、表情を確認しながら撮影をすることが出来るなど細かなデザインも魅力です。

これらのモード全てで被写体に合わせて、標準か遠景、接写といった焦点距離を選択することができます。

Leica Sofortのために特別にデザインされたビジュアルも魅力的です。ボディーカラーにはミント・オレンジ・ホワイトの3色のカラーリングが採用されています。

撮った写真を共有して欲しいという想いから人が集まる場所でも目を引くスタイリッシュでおしゃれな見た目は結婚式や誕生日会など様々なシーンで使いたくなります。

Leica Sofortの価格

およそ3万4000円

最新のインスタントカメラらしい豊富な機能にセンスの良いデザインでおしゃれに写真を楽しめるLeica Sofortの気になる価格はおよそ3万4000円です。

他のメーカーから発売されているインスタントカメラは、代表的な富士フィルムのチェキ instax mini 25Sがおよそ8000円。「大人チェキ」と言われている富士フィルムのinstax mini 90 NEO CLASSICがおよそ1万6000円となっています。

 

Leica Sofortはインスタントカメラとしては最高級クラスではありますが、それはやはり100万円前後のカメラも販売しているライカ社製です。

カメラマンの中ではライカカメラを持つのが夢になる人が多い、憧れの高級メーカーであるライカ社。そんなライカ社のカメラがインスタントカメラといえどこの値段で買えるのはかなりお得かもしれません。

Leica Sofortのフィルム

富士フイルムのチェキ専用フィルム「INSTAX MINI」

インスタントカメラには専用のフィルムが必要ですが、Leica Sofortにも専用フィルムがあります。さらにライカブランドのフィルム以外に富士フイルムのチェキ専用フィルム「INSTAX MINI」も使うことができます。

ライカブランドのフィルム(モノクロ/カラーの2種類)

ライカブランドのフィルムにはモノクロとカラーの2種類のフィルムが用意されています。カラーだけではなく、モノクロフィルムも用意されているのはなぜなのでしょう。

それは、これまでのライカカメラの愛好者にはモノクロ写真での撮影をを好む人が多いというのが理由の一つにあります。

さらにライカ社自身もLeica M Monochrom(ライカMモノクローム)という、カラー撮影が常識と言えるデジタルカメラにモノクロ撮影専用のカメラを販売するなど、モノクロ写真への高いこだわりを持っています。

このこだわりをインスタントカメラでも楽しめるようにモノクロフィルムも発売しているのですね。

また、専用フィルムでは写真の外枠であるフレーム部分にもこだわりがあります。それはフレーム部分を柔らかなクリーム色としていること。これによって、インスタントカメラのアナログで懐かしい雰囲気に合う表現を楽しむことができます。

Leica Sofortのレンズ

60 mm F/12.7

写真を楽しむ上で無視をすることがことができないのがレンズです。

Leica SofortのレンズはAUTOMATIK-HEKTOR 1:12.7/60というレンズになり、ライカ社の名レンズとして有名なHEKTOR(ヘクトール)の名前が採用されています。

レンズの性能を表すのに使われるのが、焦点距離と明るさや写真のボケ味に関わるF値の2つがあります。Leica Sofortのレンズは焦点距離が60mmで、F値が12.7となっています。

焦点距離60mmF値12.7という性能は、人物を撮るシーンでは申し分のなく、自然光を活かしたいというライカ社の想いの通り、昼間の撮影で強みを発揮するレンズと言えます。

撮影距離を変えることができるのもLeica Sofortの特徴で、レンズ周りのリングで調整をすることができます。その距離は、標準モードで60cm〜3m。遠景モードでは3m〜無限遠となっています。そして接写撮影ができるモードでは30cm〜60cmのなっています。

Leica Sofortのレビュー

レビュー

ここまでLeica Sofortの魅力やスペックをご紹介してきました。でも実際に使った感じはどうなの?ということで気になるレビューをご紹介します。

すでにデザインのかっこよさに魅了されていた私ですが、使ってみてもその楽しさにがっつり心掴まれちゃいました。(中略)撮れた写真を見てみると、予想以上の描写力!くっきり鮮明に撮れた印象です。

(引用元:haconiwa-mag.com

マクロモードに設定し、バイクのタンク部分をクローズアップ。金属の雰囲気や、反射した景色がよく再現されている。しかもデジタルともネガフィルムとも異なる、インスタントフィルムならではの色調や階調が味わい深い。

(引用元:capacamera.net

インスタントカメラとはいえライカ社ならではの写真のクオリティーへの満足感はとても高いようですね。

ライカゾフォート、ルックスもいいし軽いので携帯も苦にならないし、その場でプリントされて出てくる、プリミティブな写真感が今や逆に新鮮で楽しいです。

(引用元:twitter.com

ゾフォート、みんなでワイワイガヤガヤしながら撮るには最高に楽しいカメラですね。 M型ライカとは真逆の使い方ですし、ある意味使い分けでは相性が良いのかもしれませんw

(引用元:twitter.com

デザインも良く、人が集まる場所で大活躍をしてくれそうなLeica Sofort。軽くて、どこにでも気軽に持ち出すことが出来るという点も良いところです。

Leica Sofortでおしゃれな写真を撮りたい

撮影してすぐに印刷されるというインスタントカメラの特徴をライカ社ならではのクオリティーで体験することのできるLeica Sofort。

ライカ社のカメラの特徴ともいえる柔らかでどこか素朴な印象を受ける表現も再現されており、また専用フィルムでよりノスタルジックで素敵な雰囲気を楽しむことができます。

デジタルカメラとはちょっと変わったおしゃれな写真ライフを楽しんでみたいですね。

コメントを残す