長続きするカップルの秘訣とは?

長続きするカップルには、いくつかのコツがあるようです。大好きな恋人ができてもいつも長続きしない女性必見!自分が良かれと思っていることが実は相手にとって負担になっているのかも!?長続きするカップルの特徴を学んで、素敵な恋愛を楽しもう!

お互いが信頼しあう

  • 「Lineの返事が遅い…まさか浮気!?」
  • 「男友達と遊ぶって言ってたけど本当に男?」

上記のように、ちょっとしたきっかけで相手を責めたりしていませんか?束縛や嫉妬は、付き合い当初こそ愛されているという実感があるものの、長く続くと相手も自分も疲れてしまいます。すぐに疑うよりも、まずは信頼することから始めてみませんか。

とはいっても、信頼関係はそう簡単に生まれるものではありませんよね。信頼関係は長い時間をかけて2人で築いていくものだといえます。あなた達のペースでゆっくりと強い絆を深めていきましょう。

愛情表現を大事にする

何事も言葉や行動で伝えなければ、きちんと相手に理解されません。「言わなくても、行動しなくても察して欲しい。」という気持ちは、知らず知らずのうちに相手に過度な期待を押し付けている可能があります。

好きという気持ちを相手に伝えていますか?相手の喜ぶ顔がみたいと思って行動していますか?お互い愛情表現を怠らないということは、相手を安心させる一番の方法なのかもしれませんね。

長続きするカップルのルール

長続きするカップルはお互いを尊重しつつも自分の意見をハッキリと言うという暗黙のルールがあるようです。その内容について詳しくご説明していきます。

一緒にいる時間を大切にする

「合う頻度が少ない!」「なんでデートの時間がいつも短いの?」など相手に不平不満ばかりを漏らしていませんか?もしかすると彼氏は仕事が忙しいなか、寝る間も惜しんであなたに会いに来てくれているのかも。

不満を言う前に、まずは限られた時間の中で、いかに相手との時間を有意義に過ごせるのかを考えてみましょう。

デートがマンネリ化してしまった場合は、行ったことのない場所に行ってみる等、新鮮味のあるデートをするといいかもしれません。お互いの存在を当たり前と思わず、2人の時間を改めて大切に過ごすことで、愛が深まるのかもしれませんね。

自分の気持ちをはっきり伝える

付き合い始めの頃は、自分の良いところを見せようと、相手の好みに合わせて自分自身を押し殺してしまう方も多いのではないでしょうか。しかしそれはあくまで、相手に嫌われまいとする相手の理想像を追いかけた仮の自分といえます。
そのため偽りの自分を演じている時間が長いと、自分の本心を言えないストレスを溜めこむきっかけとなってしまいます。そういったストレスが相手への不満へと繋がり、ケンカを引き起こす原因になりかねません。
また必要以上に相手を気遣った行動は、相手もそれを悟ってしまう傾向にあります。そのため、「この人は自分自身の意見をはっきり伝えることができない人」と思われてしまい、信頼関係を築く ことができなくなってしまう可能性も。

「これが好き」「あれが嫌い」というように、自分が思っていることをしっかり相手に伝えることができるのは心を開いている証拠でもあります。お互いを理解しあうという意味でも自分自身の意見をはっきり伝えることは、とても大切なことなのかもしれませんね。

長続きするカップルのデートのコツ!

たくさん会うイコール仲を深めるというイメージが強い方も多いのではないでしょうか。実は長続きするカップルのデートは、回数よりも質を重視しているようです。質が高いデートとは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

お互いの趣味を尊重したデート

自分の行きたい場所ばかり相手に押し付けていませんか?デートというものは、2人で楽しむものです。どちらか一方が満足しているだけでは、デートとは呼べません。

しかしながら、せっかくの休日、お互いやりたいことや行きたい場所がありますよね。そしてそれは必ずしも同じとは限りません。

相手の意見も尊重し、時間や日にちを決めてお互いの行きたい場所を行き来するとどちらか一方に偏らず、楽しい一日を過ごせるのではないでしょうか。

デートの頻度を毎日にしない

たくさんの時間を2人で過ごすと、どうしても慣れやマンネリが発生してしまいます。お互いのプライベートを尊重するという意味でも、毎日会わないというのも、交際が長続きする秘訣といわれています。

多くの時間を2人で過ごそうとするのではなく、短い時間でもデートの質を高めることによって、楽しさを2人で共有できるのではないでしょうか。

長続きする記念日のお祝いの仕方

記念日やお祝い事を大切にするがあまり、知らず知らずのうちに、相手に負担を掛けている可能性があることをご存知でしたか?長続きするカップルはいくつかの注意点を意識することで、記念日をより特別な日にしているようです。

記念日にこだわりすぎない

女性は特に記念日というものを大切にするという方が多いのではないでしょうか。方や男性は、つい記念日を忘れてしまいがちな傾向にあります。「○年○ヶ月」というような、一ヶ月単位でのお祝いは、男性側からすると、プレッシャーに感じてしまうようです。

誕生日や年単位の記念日など、どうしても女性が譲れないと思う日のみ盛大にお祝いすることで、より特別感が増すのではないでしょうか。それによって、2人のお祝いモードも高まるのかもしれませんね。

プレゼントだけでなく手紙を送る

手紙は、今も昔もその時の気持ちを表現するのに、最適な方法として用いられています。「あの時はこんなことを思っていたのか。」「そういえばこんなことあったな。」というように、昔の新鮮だった気持ちを思い出すきっかけにもなるそうです。

プレゼントだけ贈るのではなく、手紙も添えることで、普段は言えないような愛の言葉を伝える手助けになるのではないでしょうか。

長続きするカップルのLINE

好きな人に伝えたい気持ちは山ほどあるという気持ちも分かりますが、長文でダラダラとしたLINEは、相手をうんざりさせてしまう傾向にあるようです。具体的な例文を交えて、長続きするカップルのLINEをご紹介していきます。

長文を送らず短い文を送る

男性は、LINEをそこまで重要視しておらず、あくまで連絡手段として考えている方が多いようです。そのため、長い文章は送らず、簡潔にまとめられた用件のみのメールを好む傾向にあります。具体的な例文は以下の通りです。

ー長続きするカップルのLINEー

女性「来週の土曜日空いてる?」

男性「空いてるよ!」

女性「じゃあ13時にいつもの場所で待ち合わせでいい?」

男性「いいよー!」

ケンカはラインでしない

LINEは、お互いの感情やお互いの思っていることが伝わりにくいため、更なる誤解を生む原因となる場合があります。会うのが難しい場合は、せめて電話で自分の気持ちを伝えようとするだけでも、相手に誠意が伝わるといわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。せっかく縁あって付き合うことになった2人、どうせなら長続きして素敵な恋愛を楽しみたいですよね。上記の共通点として、「相手に求めすぎないこと」がとても大切なことのように思えます。

「こうして欲しい」「ああして欲しい」と、自分の主張をばかり相手に押し付けるのではなく、お互いの欠点を理解し、尊重し合うことでより強固な絆を深めることができるかもしれません。

 

コメントを残す