名古屋レゴランド最新情報!混雑や評判は?厳しい意見も?

2017年4月に愛知県名古屋市にオープンした、レゴランド・ジャパン。日本で初めてのレゴランドなだけあり、とても話題となりました。いったいどんなテーマパークなのか、どんなアトラクションがあるのかなどをここで徹底解説します!

家族連れで楽しめる大型テーマパーク

名古屋市にオープンしたレゴランドは、世界的に有名かつ人気なあの「レゴ」のテーマパークとあって、オープン前からとても話題となりました。オープンしてからもその人気は衰えず、夏休みなどの長期休暇では大変な賑わいとなったそう。

 

話題のテーマパークが気になるけど、レゴランドって何があるの?と思っている人も多いはず。そこで、ここではレゴランドについて詳しくご紹介します!

【最新】名古屋「レゴランド」の基本情報

レゴランドって何?

レゴランドとは、レゴブロックの世界観をそのまま再現したテーマパークのことです。名古屋市にオープンしたレゴランドは、世界で8番目に開業しました。

 

2歳〜12歳までのこどもとその家族をメインにしていますが、主役はこどもたち!こどもの遊び場として、レゴモデルに触ったりできるほか、まるで冒険を楽しめるかのようなアトラクションなど、存分に楽しめるような工夫が散りばめられています。レゴランドは、まさに家族みんなで遊べるテーマパーク!

園内施設

名古屋のレゴランドには、異なるテーマのエリアが7つ用意されています。レゴブロックの製造過程が楽しめる「ファクトリー」、レゴブロックを組み立てて作ったアトラクションがある「ブリックトピア」、冒険をテーマにした「アドベンチャー」、中世の世界を再現した「ナイト・キングダム」、大きな海賊船が目印の「パイレーツ・ショア」、レゴランド公式のドライバーズライセンスがもらえる「レゴ・シティ」、そして名古屋市をはじめとした日本各地の建造物をレゴで再現した「ミニランド」と、1日中楽しめるエリアばかり!

 

特にミニランドは、世界各地のレゴプロビルダーが集い約2年かけて制作をしたというからすごいですよね。現在、ミニランドでは東京、大阪、京都、名古屋の街並みを忠実に再現しており、合計10,496,352個のレゴブロックが使われています。

アトラクション

アトラクションは合計34個用意されています。基本的には、親子で楽しめるアトラクションが多いので、こどもだけでなく大人も一緒に興奮すること間違いなし!ここでは、おすすめのアトラクションをご紹介します!

 

  1. レスキュー・アカデミー(レゴ・シティ)

こちらのアトラクションは、大きなレゴ消防車に乗って燃えているビルの消火活動を体験できるアトラクションです。燃えているビルは、実際にはイラストパネルなので、安全性もばっちり!けれど、消火栓からは本物の水が出るので、実際の消火活動さながらの体験ができますよ。消防車は同時に6台でスタートするので、各チームで消火のスピードを競う楽しみも。

2.ザ・ドラゴン(ナイト・キングダム)

ドラゴンの形をしたジェットコースターです。エリアは中世をテーマにしたナイト・キングダムなので、ドラゴンにのって中世の世界を駆け抜けられます!小さい子でも乗れるよう、あまり激しくないように作られていますので絶叫系が苦手な方でも楽しめるかもしれませんよ。

3.ロスト・キングダム・アドベンチャー(アドベンチャー)

冒険用に用意された車型のカートに乗って、古代遺跡を冒険するアトラクションです。カートにはレーザー銃が備え付けられていて、盗まれた宝物を奪い返すために的を狙って撃つシューティングゲームの要素も。大人も一緒になって楽しめますよ♪

4.サブマリン・アドベンチャー(アドベンチャー)

レゴダイバーの一員として、潜水艦に乗り込み海の中を探検するアトラクションです。こちらのアトラクション、なんと水の中にいるのは本物の魚たち!レゴで作られた遺跡などを見ることができます。

営業時間

名古屋レゴランドは営業時間が3パターンあり、日によって営業時間が変わっていますので遊びに行かれる際は事前に確認しておくことをおすすめします。

  • 10:00〜17:00
  • 10:00〜18:00
  • 10:00〜19:00

また、年中無休で運営しているわけではなく月によって火・水曜日が休園となっているようです。

料金体系

1DAYパスポートまたは年間パスポートの販売がされています。1DAYパスポートには、1人あたりのパスポートと、家族で使えるファミリー1DAYパスポートの2種類があります。

1DAYパスポートでは、3歳〜13歳未満が4,700円から、13歳以上は6,200円から販売されており、いずれも入場日の7日前に購入すると当日購入よりも600円ほど安く購入できます。

ファミリー1DAYパスポートは、家族3名利用または4名利用の2種類が用意されており、それぞれ大人が1名以上いればどのような組み合わせでも良いようです。価格は、ファミリー1DAYパスポート3(家族3名利用)が14,700円から、ファミリー1DAYパスポート4(家族4名利用)は18,300円からとなり、いずれも1DAYパスポート同様に事前購入だと安く購入できます。

年間パスポートは、大人(13歳以上)が17,300円、こどもは13,300円で販売しており、いずれも初回利用日から1年間の有効期間となります。

1DAYパスポートするか年間パスポートにするか迷った場合は、とりあえず1DAYパスポートを購入して、名古屋ランドを楽しんでみることをおすすめします!

なぜなら、名古屋ランドでは、園内のゲストサービスで差額を支払えば1DAYパスポートを年間パスポートにアップグレードすることができるから。また来たい!と思ったらアップグレードすればいいので、とても嬉しいサービスですよね。

駐車場

名古屋レゴランドには専用駐車場がないため、車で行かれる方は「金城ふ頭駐車場」を利用するよう公式で案内されています。

所在地

住所

〒455-8605 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1

 

  • 車で行く場合 伊勢湾岸自動車道の名港中央ICを出て左側道へ大きくUターンし、金城ふ頭駐車場へ
  • 電車で行く場合 あおなみ線の金城ふ頭駅へを降りて徒歩5分
  • バスで行く場合 中部国際空港からはジェイアール東海バス、地下鉄名古屋港駅(ガーデンふ頭)からはつばめ自動車、桑名駅・長島温泉からは三重交通が運行している。

 

近くにポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)があるため、ここでイベントがある場合は道路の混雑が予想されます。できる限り公共交通機関で行ったほうが良さそうです。

【口コミ】名古屋レゴランドに厳しい意見も

ここでは、名古屋レゴランドに関する口コミをご紹介します。実際の声は、なによりも参考になるかも!?

入場料が高い?

レゴファンにとっては楽しいし、その他の人にも見ごたえあるテーマパークですが、入場が高すぎる感があります。ディズニーランド並なので、一家4人で行くと相当な出費です。

(引用元:tripadvisor.jp

敷地の規模にしては入場料が高すぎだと思います。

(引用元:tripadvisor.jp

 

一回の入場料は高すぎですね。その分あまり混んでないからいいかも。

(引用元:tripadvisor.jp

入場料に関しては、テーマパークの規模の割に高いと感じる人が多いようです。名古屋レゴランドとの比較対象が、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどの大型テーマパークになってしまっているのは、施設が後発組ということもあり若干同情の余地がありそうな気もしますが、名古屋レゴランドにはこういった声を受けて頑張ってもらいたいですね。

持ち込み禁止?

飲食物の持ち込み禁止なのでその辺りはスタンドの数を増やすなどの対策をして欲しいですね。お土産を4時頃に買いにショップに行ったのですが、食べる物が全て売り切れでおもちゃしかありませんでした。

tripadvisor.jp

食べ物は持ち込み禁止なので、ゲート前で朝食をとっている家族もいました

tripadvisor.jp

入場時に、飲食物があるかどうか手荷物チェックがありますが、500ミリペット1本はOKになった様で、持ち込み可。

tripadvisor.jp

名古屋レゴランドでは、公式サイトの「ルールとマナー」ページにも記載されていますが、飲食物の持ち込みを禁止しています。これは他の来園者の迷惑行為となることを避けてのルールであり、他のテーマパークでも持ち込みを禁止しているところもあります。

持ち込みを禁止している代わりに、園内には飲食店があるのでこちらを利用することになります。食事も含めてこどもたちにとっては「思い出」になると思うので、来園者みんなでマナーを守って遊びたいですね。

再入場禁止?

一度入ると再入場出来ないので、すぐ外にあるレストランやカフェが勿体ないと思いました。

(引用元:tripadvisor.jp

再入場ができれば何度も行ってもいいと思いますが、食事をとることを考えると楽しめるのは半日くらいかなあ。

(引用元:tripadvisor.jp

 

調べてみると年間パスポート購入者は再入場ができますが、1DAYパスポートでの入場では再入場には対応していないそうです。公式でも正式に案内されていることだけに、「対応してほしい」という声はとても多いようです。

というのも、名古屋レゴランドの周りには飲食店があり、上記の園内飲食物の持ち込み禁止を受けて、外の飲食店を利用したいという来園者がとても多いから。これは持ちつ持たれつの部分もあるかと思いますので、ぜひ対応してほしいですね。

閉園が早すぎ?

あえてマイナス1星は、閉園時間が早すぎるかと…遠くから行くので、なかなか行かれません。5時閉園は、まだまだ子供が不満でした。

(引用元:tripadvisor.jp

営業時間が平日は10時から17時までで、11時や12時に始まるお店やアトラクションもあるので遊び足りないと感じました。

(引用元:tripadvisor.jp

閉園時間は早いときで17時には閉園してしまうので、遊び足りないと思う家族は多かったようです。混雑具合によって名古屋レゴランド側も閉園時間を延長したりと、柔軟な対応をしているようですが、できるならもう少し閉園時間を延ばしてほしいですね。

高速道路が丸見え?

非日常的な空間でなく、となりには高速道路や拡大工事のクレーンがあり、期待が大きかったせいか、なんだかな~でした。

(引用元:tripadvisor.jp

そういえば、レゴランドはバックに高速道路見えちゃうとこはちょっと残念。ジオラマのクオリティまじで高くて、ぶっちゃけここが1番テンションあがるのに写真に高速道路入ります。

(引用元:twitter.com

レゴランドは大変素晴らしいけど、バックに高速道路(名港トリトン)が見えるだけで100億円くらい損してる気がするわ

(引用元:twitter.com

名古屋レゴランドには、とても楽しいアトラクションがたくさんあり写真撮影スポットも多いのですが、随所で高速道路や周辺施設のロゴなどが入ってしまい、世界観に没頭できないとう声が多かったです。夢の国とはコンセプトが違うので世界観を作り込むのは難しいのかもしれませんが、大人は気になってしまうのかも。

行けば楽しい名古屋レゴランド!悪評ばかりじゃないの?

実際に行った方の声をご紹介しましたが、悪評ばかりではありません!とても満足されてまた行きたい、という声も多くあるんですよ

大人でも楽しめる

名古屋にあるレゴランドと、東京・大阪にあるレゴランド。実は全くの別物なんです。東京・大阪にあるレゴランドの正式名称は「レゴランド・ディスカバリー・センター(LDC)」、名古屋にあるレゴランドの正式名称は「レゴランド・ジャパン」となります。

レゴランド・ディスカバリー・センターは完全屋内型で広さは約3,000平方メートルほど。屋内で遊ぶことのできるミニゲームや展示物がメインとなっています。

一方、名古屋レゴランド・ジャパンは国内初の屋外型テーマパーク。広さは東京・大阪の約43倍と規模が全く違います!名古屋レゴランドでは、展示物+アトラクションといったように、「レゴに触れながら遊ぶ」ことがメイン。レゴで遊んだことのある人なら、懐かしさとともに楽しむことができますよ。

ミニランドが凄い

名古屋市をはじめとした日本各地の建造物を、すべてレゴブロックで制作したこのエリア。「どうせレゴブロックなんだから大したことないんでしょ?」と侮ることなかれ!このミニランドでの展示だけで2年を費やしており、世界各地のレゴプロビルダーが集結して制作に当たったという超大作です。

レゴランドのある名古屋市の観光地、ナゴヤドームには41万個のレゴブロックを使用しているだけでなく、野球観戦客の動きまでを緻密に再現しています。実際に目にすると圧巻ですよ。

メイカーズピアも楽しめる

名古屋レゴランドに隣接するメイカーズピアは、「職人のふ頭」という意味で、モノづくりをコンセプトにした物販や飲食店が多く入った複合施設です。

ここでは、ロボット制作ができたりキャンドル体験教室や、ドローン教室などさまざまな体験ができます。

また、メイカーズピアには噴水があり10時〜21時の間は毎時00分より噴水ショーが始まるので、帰りに見て楽しむことも。

2歳以下は無料

名古屋レゴランドでは、2歳以下のお子さんは入場無料となっています。家族連れだと少しでも安くすませたいのが本音ですよね。お子さんがまだ小さい場合は、この料金システムは嬉しい!

ミニフィギュアの交換が楽しい

名古屋レゴランドには、知る人ぞ知る隠れたサービスがあるのをご存知ですか?その名も「ミニフィグトレード」!これは、スタッフが付けているミニフィグと自身が持っているミニフィグを交換することを言います。

 

スタッフは名札にミニフィグを付けているので、交換したいものがあったら「ミニフィグトレードしよう!」と声をかければOK。

交換するときの合言葉「ミニフィグタッチ!」と同時にフィグ同士でハイタッチをするのが通例のようです。入園記念にぜひツウなミニフィグトレードをやってみては?トレードは何度でもできます。

大人もこどもも楽しめる名古屋レゴランド

オープンしてからなにかと酷評ばかりが目につきがちですが、それだけ多くの人が名古屋レゴランドのオープンを楽しみにしていた証拠。

実際、行ってみたらすごく楽しかった!という声も多くあります。こども向けのテーマパークだと思いがちですが、大人も一緒になって遊べるものがたくさんあります。

ぜひ一度は、話題の名古屋レゴランドに足を運んでみたいですね!

コメントを残す